« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »

2007年1月

2007年1月28日 (日)

映画 不都合な真実

Goa
この映画、ぜひみんな見に行ってください!たくさんの人が見れば見るほど人類の未来が広がるかもしれない。

東京以北でこの映画を公開してるところは1館、札幌だけ。北関東でさえやってないです。
中部地方でも名古屋と岐阜の2館だけ。
東京・京阪神の人は映画館が選べる状態。
シネコンのTOHOシネマズ+そのほか計22館だけで公開です。

この映画が公開されたとたんブッシュ大統領は地球温暖化対策への着手を表明した。映画を公開した成果じゃないかな。

ゴア元大統領候補が作った映画。今まで知らなかったなんて内容はほとんどないんだけど、ビジュアルで見せるだけに説得力がある。ぜひ大人だけじゃなく、子供も見てほしい。

最後には一片の希望も示される。
たとえば「自家用車をハイブリッド車に変える」「木を植える」などなどの対策をすると1970年当時の二酸化炭素濃度に戻すことができるという。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月20日 (土)

週刊コミック・ガンボ

Gumbo
今週火曜日に通勤の途中、駅前で「週刊コミック・ガンボ」という雑誌を配ってました。
本屋さんで売っていそうな分厚い漫画誌ですけど、0円!
R25なんかと同じFREE PAPER。
表紙から広告(というかパブリシティ)入ってるけど、広告量が多いわけじゃない。全部で25本。表4(裏表紙)は広告が入ってない。もっとも、創 刊号から十分広告集め切れなかったかもしれないから、今後が注目。これがちゃんと商業ベースに乗っていくとすればコミック業界には脅威だな。
ふだん、漫画雑誌読んでないから、ほかの有料雑誌と比べてどうなのかは分からないけど。

※お金を出しては、漫画雑誌絶対に買わないけど、ただだったらもらうかも……って僕のことだけど、こんな読者、結構獲得できるかも…とすると、うまくいくかな。

配布は今のとこ東京周辺だけのローカルなので、手に取れる人は多くないですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月11日 (木)

週刊文春

Weeklybunshun060118
今日昼過ぎ会社最寄の駅売店で週刊文春を買おうと思ったらなんと 売り切れ!今日発売なのに!
店のお姉さんにどうして売り切れたのか聞くと、
朝のテレビで紹介されたんですよ。フセインの処刑の携帯写真が載ってるんですよ。午前中で売り切れましたよ。
ってことでした。
会社の帰り、新宿でわざわざ寄り道して週刊文春を買いました。
そのフセインの処刑の写真を…………うっ、だめだこりゃ、とても見れないわ(~_~;)
お祓いしてもらいたくなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 6日 (土)

ちょいテレ

Choitere
パソコンで地デジが見れるようになる「ちょいテレ」という商品を買ってきました。

パソコンのUSB端子に差し込めば、パソコンで地デジが見れるとか。しかし、うちは多摩丘陵のテレビ難視聴地域。NHKの補助で有線テレビのケーブルが張り巡らされており、年2000円ほどの接続費用でテレビが見れるようになっています。
ところが、実はそのNHKがほとんど見れないのです。一つにはその電波が弱いこと。もうひとつは、家の中の配線がかなり適当で、テレビケーブルとLAN回線が干渉しているせいです。

しかし、地デジが使えれば難視聴問題も一挙解決と思い、ためしに買ってみました。
結果は?  家では地デジは見れない!! 画面には何にも映らない!(;_:) 同梱されている高感度外部アンテナというのを使っても何にも起こらない。

そこで、ノートパソコンを車に積み込んで、多摩ニュータウン近くの町田市の尾根筋に行き、お店の駐車場で試してみました。
すると、くっきりはっきり、車載のテレビとは比べ物にならない綺麗な画面でした。ゴーストもゆれもにじみもない。音もヘッドホンを使えばばっちりいい音。
ただ、パソコン画面自体が小さいのに加えて、付属のソフトの設定なのか、ディスプレイの中の何分の一かのスペースにしか表示できず、画面がとても小さい。

ということで、家のテレビの改善にはならないことも判明。
残念!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月 4日 (木)

富士五湖

富士五湖に行ってきました。
妖怪アメフラシであるわが娘(今はウインターバージョンでユキフラシ)を連れて行ったら、降った降った。すごい勢いで雪に降られました。その日は 曇ってはいた。しかし「雪ふらないかな、ふればいいのに」と娘が言ってるといきなりさらさらと塩のような、ざらめのような雪が降り始め、夜になるとボタン 雪になったものの富士山のふもとにいる間はずっと降り続けました。こいつは、どうしてあっちでもこっちでも雪を降らすのか(^_^;)
249
テレビで見た「西湖いやしの里根場」に行ってみた。
画面の中では、芸能人が「すばらしいすばらしい」とずっと歓声を上げ続けていたんだけど、「あれ?」って感じ。
まだまだあちこちで工事をしていて、テーマパークなんかと違って、舞台裏ががんがん見えていて、どうも興ざめ。トラックがいて、ビニールシートか ぶせた工事中の建材がそこここに積んであって……。村の真ん中を流れる川は、がちがちのコンクリート堰堤に固められていて、昭和初期の山村を再現したとい うのは、僕の想像力からすると難しい(^_^;)
お腹すいたので、村の蕎麦屋さんに入ると、メニューを見てもどんなものが出てくるのか分からず、店の人に聞いても要領を得ず……、とりあえず注 文すると、そこそこおいしかった。蕎麦湯の中に入ったそばが出てきたのだけど、蕎麦湯がすごくとろみがあって(というかベタベタ)どうも変。客あしらいも 要領が悪い。多分、まだ開店したばかりで慣れてないんでしょうね。
入場料は一人200円で安い(^.^)

西湖の蝙蝠穴へ行くと、冬休みで入れてくれなかった。ほんとは蝙蝠の保護のため、冬眠中はコウモリに負担をかけないように観光客を入れないのだそう。そこから近い富岳風穴と鳴沢氷穴に行った。両方とも中に氷がたくさん積み上げてあって寒い寒い。温度0℃って書いてあった。
鳴沢氷穴のほうは天井がすごく低いところがあって、しゃがんでカニ歩きしても背中が天井をこすってしまった。腰が痛い人、足の関節を痛めてる人は立ち入り禁止!(年寄りくさい(^.^)

夕方になって、ほうとう食べて、山中湖から道志川経由で帰ってきました。

帰って一晩あけたら、車は白く粉を吹いていた。せっかく年末の京都行きでぴっかぴかになってたのに(-_-;)。富士山麓一帯の道路に融雪剤か何かがまいてあったんでしょうね。ってことは早いとこ洗車しないと車さびちゃうのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年2月 »