« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月

2006年11月26日 (日)

また多摩センター

今日は(じゃない、昨日だ)多摩センターを歩き回った。

まず、ベネッセコーポレーションの東京本社ビル最上階のベネッセスタードームに行った。
ここは小さなプラネタリウム。ベネッセはプラネタリウムソフトも作っており、土日には一般客向けにプラネタリウムを公開している。
229
プラネタリウムもいいんだけど、ここのロビーから多摩ニュータウンが一望できるんですが、これがすばらしい景色です。京王線と小田急線の電車が並んで走り、それを高架で多摩モノレールが交差するなど、男の子がいれば興奮する景色です。
プラネタリウムは完全自動運転。ゆったりと配置された60席ほどの座席に、その回は客が7人。ペルセウス座など天頂の星座の解説でした。

次、すぐそばの白山神社におまいりして、多摩市グリーンライブセンターをちょっとのぞき。パルテノン多摩へ。
228
パルテノン多摩では TAMA CINEMA FORUM 開催中でずいぶんにぎわってましたが、そちらではなく写真展「電車にみる都市風景」を見ました。大御所の石元泰博さんほか5人の写真家の展覧会。なかなか面白かったんですが、ガラガラ。

庭園脇のティールームでコーヒーを飲んで池や散策する人を見てから、同じパルテノン多摩内のマジックサウンドルームで自動楽器の演奏を聞きました。

一時は、高価な楽器の購入で新聞などで追及されていたことを記憶しているけれど、そこんとこを別にすればすばらしいです。
このときは、展示品の中から自動バンジョー、自動バイオリン、そして自動ピアノの演奏を順に聞かせてもらえました。いずれも、さほど広くない展示 室の中では、あまりに音量が大きく、音圧に圧倒されはしましたが、音に浸りきることができました。それぞれヨーロッパで100年近く昔に製造された楽器? 機械?です。オルゴールとはかなりちがうものです。聞いたことのない方はぜひ一度どうぞ。

ところでキティちゃんの写真とったら背中に翼がついてたけど、キティちゃんって天使なの?!
230

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月22日 (水)

映画 手紙

Tegami
犯罪者の家族と、その差別問題という重たい主題を中心に描いた映画。差別から隠れ、ひたすら逃げ続ける生活に疲れた山田孝之演じる主人公の出口のない苦しみが辛い。沢尻えりかや勤務先の会長の厳しいけれど優しい言葉が彼らを救う。
終わったあと、あっちでこっちでぐしゅぐしゅいう音が聞こえてました。泣いてる人がいっぱい。
重かったぁ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月14日 (火)

多摩センターでは

多摩センターの駅前の歩道ではクリスマスの飾り付けが始まってました。
早過ぎない?
にぎやかでいいけど。(*^。^*)
225
去年はキティちゃんが誘拐されて行方不明になってたと思うけど、解決したのかな?
227

| | コメント (0) | トラックバック (0)

毎日だれかが遅刻(^_^;)

最近、毎日毎日誰かが遅刻してる。部署の半分以上が遅刻することがある。
毎朝どこかの電車が止まるんですね。
人身事故で!!

こんなこといっていいんですかね……
「いい加減にしてくれ~」

電車の止まった線路を、近所の駅員さんたちが砂利の上にはいつくばって××をひろいあつめている姿を見ると、彼らが気の毒で……
この情景を是非テレビニュースで流してもらえないだろうか、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 4日 (土)

映画 地下鉄に乗って

Photo_2
映画 地下鉄に乗って を見てきました。
浅田次郎原作の同名小説の映画化です。といっても原作は読んでません。
というか、浅田次郎さんの本は読んだことがありません。

地下鉄に乗り、駅を降りるとそこは自分が子どもだった世界。
そんななかで、兄の出生の秘密を知り……

面白かったです。
過去の世界のうちの一つは僕が子どもだったときの世界(*^。^*)

最近、すごいペースで映画見てます。理由は娘が映画見たいために親父を連れてくせいです。

親父の財布で映画を見ようという魂胆です。
それに引っかかって、最近は娘に内緒で映画見に行くまでになってしまいました。(^_^;)
思えば、うん十年前、映画の好きな親父に連れられてよく映画にいってました。小学生から中学生のころです。そののち東京に来て一人暮らしをしてい たころは、映画に振り向ける金がなくて(というか、乏しいお金は他の使い道に振り向けていたので)ほんのたまにしか映画は見なくなっていました。この間 に、映画は斜陽になり、JRの駅一つに一館はあった映画館がほぼなくなり、都心に出かけなければ映画は見られなくなっていました。それが、今ではあちこち にシネコンができ、客の取り合いを始めました。
娘も映画館に取り込まれました。┐( ̄ヘ ̄)┌

映画を見るようになったもう一つの理由…
昔と違って、映画に対する許容範囲がずいぶん広くなりました。
たとえば青春映画 or アイドル映画  娯楽映画
今までだったら、このジャンルの映画は絶対に見に行かなかったはず。
だけど、最近は行くんです。しかも面白かった~ なんて言ってるんです。
****が可愛かった~なんて……
前は、映画見るときには この映画は何を表現しようとしているんだ… なんて、結構構えてたんですね。今は構えてません。あんまり。
楽しみたくて映画見てます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »