« 映画 出口のない海 | トップページ | また入院 (=^・^=) »

2006年10月11日 (水)

東京国立博物館「特別展 仏像 一木にこめられた祈り」

Photo_6
上野に行って来ました
東京国立博物館で「特別展 仏像 一木にこめられた祈り」という展覧会をやってまして、ここに子どものときから大好きだった仏像が展示されるというので、頑張って行って来ました。
いやもう、奈良の山の中を分け入ってやっと見せていただけるような仏様がほかの有名な仏像とともに広い会場にならんでおられて もうなんといったらいいか……

大学1年のときに研究課題に選んだ奈良 大安寺と唐招提寺の彫刻群が6体も並び、ずっと見たかった壇像、鉈彫、円空仏、木喰…もう腹いっぱい…じゃなくて(^_^;)…

素晴らしい展覧会です。
いままで仏像にあまりご縁のなかった方でも、きっと素晴らしい仏像に会えると思います。

仏像は普通、身体の部分ごとに複数の材を使い、それを接合して1体の仏像が作られています。ですが、この「一木にこめられた祈り」展では、おおむね1材のみを使って彫られた仏像が集められました。
このような展覧会は、今後 もう一度見ることはかなわないんじゃないかと思います。

この展覧会に来た目的は、滋賀県 渡岸寺の「十一面観音菩薩」像を見たかったからです。子どもの頃には、交通機関も何もない田んぼの中の道を延々歩き、堂守の当番のおばあさんを探して田ん ぼあぜを歩き回り、見せていただいたことがあります。そのころはあまり訪れる人もなく、ゆっくり一人で見せていただけました。
滋賀県のびわ湖畔は比叡山延暦寺の影響下で彫られた多くの素晴らしい十一面観音像が残っています。渡岸寺の像はその中でもとくに素晴らしい像です。日本美術史上の名品です。

ところが、再会はかないませんでした。(;_:)
目録を見ると11月7日(火)からの展示と書かれています。

もう一度来なきゃなりません(^_^;)
もしお時間のある方は、ぜひご覧になってください。

展覧会の図録は2500円と安いとはいえませんが、写真集として素晴らしいです。

****
そのあと、隣の国立科学博物館に行きまして、「南方熊楠展」に行って来ました。
こちらも素晴らしかったんですが、なんせもう疲れてたもんで、

今は上野のお山では美術展をいっぱいやっておりまして大変

東京国立博物館 特別展 仏像 一木にこめられた祈り
               (行列なし(^。^))
国立科学博物館 大英博物館 ミイラと古代エジプト展
               (行列5分ほど)
国立西洋美術館 ベルギー王立美術館展
               (行列 外からは見えず)
上野の森美術館 生誕100年記念―ダリ回顧展
               (行列 切符を買ってから1時間待ち!)
日本芸術院     所蔵美術作品特別公開
東京藝術大学 大学美術館 NHK日曜美術館30年展
東京都美術館   大エルミタージュ美術館展(10/19(木)から)
こんな具合です

興味があるかたはどうぞ 芸術の秋を楽しんでください

|

« 映画 出口のない海 | トップページ | また入院 (=^・^=) »

文化・芸術」カテゴリの記事

博物館」カテゴリの記事

神社・仏閣」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東京国立博物館「特別展 仏像 一木にこめられた祈り」:

« 映画 出口のない海 | トップページ | また入院 (=^・^=) »