2017年1月13日 (金)

カナダでオーロラ見物2017/01/03-05

01/03(火)
この日は帰りの日。
僕は朝の4時集合で日本へ。娘は12時集合でバンクーバーへ帰ります。
僕の予定は7時半発のイエローナイフ発~エドモントン行
エドモントン発~カルガリー行き
カルガリー発~成田行き 途中日付変更線をまたいで、翌日着予定
全部エアーカナダ

朝の4時、ホテルを出て空港へ
チェックインから荷物検査など済ませて待っているのだが、全然搭乗案内がありません。
乗るはずのボンバルディア機は目の前にいるんですけどね。
Dscn08662

定刻を過ぎてから、遅延の案内があり、その30分後ぐらいに便のキャンセルの案内がありました。
出発ロビーから出て、外のカウンターでチケットを交換して来てください…と言われて外に出たら、やっぱり出発ロビーに戻ってくださいと言われ、長い長い行列に並び、2回目の荷物検査を受けなおし。ミネラルウォーターを没収されながらまた出発ロビーに戻りました。どうもキャンセルが取り消されたようです!?
10ドル分のサンドイッチと飲み物に引き換えられるバウチャーが渡された。でも、サンドイッチも飲み物も待合室には持ち込めないし、外で食べている間に状況が変わったら手におえないので使わなかった。
結局、出発ラウンジでの6時間、飲まず食わずで待ちました。
みんなグダグダ
Dscn08613

そんなこんなで、結局次の便の出発時刻に我々は出発しました。次の便(5時間後)に乗る予定だった娘は、さらに出発が遅れたそうです。玉突きで機材のやり繰りしたんだろうね。

便が1本欠航になると、当日はおろか翌日でも乗客を全部乗せる見通しがなくなるため、地元の旅行業者が無理やり覆させたようです。いつ帰れるかわからないなんて、いくらなんでも…… ねじ込めばひっくり返るというのもなんだかなぁ エアカナダって、相当適当なんだな(ってことが、あとあと思い知らされます)

到着したエドモントンでは、JTBの客だけ職員の出迎えを受けてロビーを去っていきました。ほかの乗客は「うわ」っと声にならない羨望の声を上げて見送ります。
その他大勢は、エアカナダの日本人職員が一人ずつパニクりながら乗り次ぎ便のチケットを作っています。もう時間がかかって大変。
日本人中年男性客が、ただ一人の日本人職員にねちねちと苦情をぶつけ始めたときは、この乗客に向けて思わずこぶしを握りしめてしまいます。あんたがこの職員を捕まえている間、すべての仕事が滞るってこと、この人わかってるんだろうか?と
私たちはこののち数時間かけてカルガリーまでの切符とホテルバウチャー、そして翌日のラスベガスまでの切符を渡され、エドモントン19:35発 カルガリー行に乗りました。

カルガリー空港では夜9時ぐらいに解散。ラスベガスから先の切符はまだもらっていません。
そして、ここでピックアップするはずの荷物が全員分行方不明に。げっ!何人かが問い合わせをしたが、「わかるわけないじゃん」とか「もう成田行ったよ」「ラスベガスで聞いてね」と、いろんな返事をもらっていた。みんな、荷物のことは日本でどうにかしよう…考え直して、悩むのはやめにした。
明日は「ラスベガスでさらに1泊ののち成田に帰る」とか…いろんな噂が流れている。
このころ、ビジネスクラスのお客さんたちは姿を消していた。すでに成田行きの飛行機に乗れたらしい。(噂)
アメリカに入国するということで、WEBでESTA認証をとった。

この日は、1日かかってイエローナイフからカルガリーまでしか来れなかった。飛行機3本乗り継いでるけど、大した距離飛んでない。北極圏からアメリカ国境近くまで降りてきただけ。

カルガリー泊
着替えとか充電器とか全部無しのお泊り。iphoneは電源がoutになった。パソコンはできるだけ電源を入れずに過ごす。緊急時専用ということで。
そして、この日は一日何も食べなかった。
時々刻々状況が変わるので、現場を外れることができない。トイレ行ってる間に状況が変わって、大慌てする場面もあった。

ホテルはとっても広いアメリカンサイズ。
コーヒーメーカーはあったけど、故障していて使えず。ポットがないのでお湯が沸かせない。でも、風呂には入れた。
ぐったり 12時就寝、

01/04(水)
朝4時半朝食とのデマで起きたが、何もありつけず5時にタクシーにて空港へ。
さらにぐったり
カルガリーでアメリカの入国審査を受け(カナダでアメリカの入国審査をするんですね)
カルガリー発ラスベガス行きのエアカナダ機に乗る。
ラスベガスに到着してすぐデルタ航空のカウンターで成田行きのチケットを発行してもらった。これで一安心。デルタ航空の係員は、親切で陽気なお姉さんだった。

ラスベガスの出発ロビーにはスロットマシンなどの機器がいっぱい並んでいて、みんな好きに遊んでいる。
Dscn08932

僕はアメリカドル持ってないから、ミネラルウォーター1本買うのもクレジットカードで。空港の外に出てみたかったな。というか、カルガリーでなくて、ラスベガス泊にしてほしかったな。
ようやく、先の心配しなくていい待ち時間ができたので、カナダでもらったバウチャーでサンドイッチをもらった。でもぱさぱさで喉を通らない。もーいや

ラスベガス発11:26予定デルタ航空成田行きに乗る。発時刻はかなり大きく遅れたが、あとはどんなに遅れても日本に到着するならOK、気が楽だ。定刻になっても出発しないから、少しは焦ったけれど。
Dscn09012

途中で日付変更線を通ったので5日になった(*^_^*)

MEMO イエローナイフ06:00---------エドモントン
     エドモントン19:05,------------カルガリー21:00ぐらい
     カルガリー泊
     カルガリー07:00ぐらい-----ラスベガス09:00ぐらい
     ラスベガス13:00ぐらい------成田20:30ぐらい
     2日がかり(日付変更線こみ)の予定が3日がかりの帰還に

01/05(木)
成田着
ラスベガスからの便が遅れたせいで沖縄、台北、シンガポールとニンチョンへの乗り継ぎの客それぞれに出迎えの係員がいて、該当者の名前を呼んでいた。乗り継ぎの案内とチケットの切り替えだそうだ。ダイヤの混乱の扱いがエアカナダと違い、とてもていねい。客が到着する前に、切り替えのチケットが用意されていたようだ。

やっと成田についた。疲れて何時に到着したのかよくわからない。
もうお尻がどうにかなりそう。
体ガタガタ。背中も首もゴチゴチ。まっすぐ歩けてない感じ。こんなに疲れた経験がない。病明けの感じです。
荷物のターンテーブルのところに行くと、なんと自分の荷物が流れてる。ほかの人の荷物も流れてた。どこでこんなマジックができたんだ。信じられない。単にエアカナダの職員が間違えてただけか?

この日から、会社は始まってるけど、もう夜で業務時間は終わってる。カナダからメールは投げていたけど、翌日出社することさえも疲れ切っていて冗談としか思えない。
この日は家に帰らず、空港の案内所で紹介を受けた「成田ゲートウェイホテル」に泊りました。

反省1.飛行機が欠航するかも、なんてことは考えもしなかった。でも、そんな時、どこの代理店で切符を手配したかとか、どの航空会社を選んだかが大きく影響してくるんですねぇ。これからは気を付けよう。
エアカナダは、航空会社としてレベルは低いんですね。欠航の多いこともさることながら、事態の解決能力がかなり低い。知らなかった。空港に到着するたびに、対応してくれる担当者を空港の中を歩き回りながら探さなければならない。事故時の乗客の負担は大きい。
H.I.S.も、緊急対応は何もせず、すべて航空会社任せだった。JTBの客がうらやましかった。現場にはH.I.S.の社員が一人いたんだが、彼も一般乗客をきめこんでいた。客の一人として参加してただけだろうか。

反省2.オーロラは、一日撮影が終わるたびパソコンにデータを落としてチェックをすべきですね。
ピントが合ってないことに気付かずに翌日も撮り続けると、全スケジュールミスショットになりかねない。僕の写真は全部ピントが甘い。撮影している時には夜空にレンズを向けてるので、ピントが合ってるかどうか、わからないんです。
今回のために、中古の16~28mmの魚眼レンズを買っていったんだけど、ピント合わせ不要かと思えばそうでもなかった。(^^)/

今回の旅行で飛行機の欠航も、飛行機会社負担のホテル泊りも、さらにロストバゲッジも経験させてもらった。これ以上の経験はもういやだ。ここまでで止めておいてほしいもんだ。

一生に一度はオーロラを見たいっていう人多いけど、ほんとに素晴らしかった。現地に行くのも帰るのはもっと大変だったけど、まあそれはしょうがないとして、トータルでは我慢できるかな……
すでに、もう一度行きたいって思えるようになってる。(^^)/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カナダでオーロラ見物2017/01/01-02

01/01(日)
朝10時出発で「犬ぞり体験」に行きます。場所は昼間の「オーロラビレッジ」。
僕は犬に引きずられるだけでいいって言ったんだけど、娘は操縦体験をしたいというので、両方を体験できるコースに参加です。
Dscn04272

最初、そりに客4人とインストラクター1人が乗って、雪原を駆けます。ものすごいスピードで走ります。号令をかけられるたびにふり向く犬がかわいい。操縦者を見つめる姿に愛を感じます。
操縦体験は、客1人とインストラクターが1人で10頭の犬を操縦します。たいていの操縦はインストラクターがしてくれるんだけど、ブレーキなど、一部の仕事を客に任せます。そりから足を後ろにおろして靴でブレーキをかけるんだけど、下り坂でスピードが出すぎているときなどは、振り落とされそうで恐怖です。
Dscn04282
犬たちは止まれと言われてもちっとも止まりません。インストラクターが、雪に鉄のカギを打ち込んだり、立ち木にフックを投げて、乱暴に止めます。

夕食は店頭に「日本語メニューあります」と書いている中華料理店に入りました。若い日本人女性店員もいます。娘はチャーハン1人前頼んだけど、大きな皿に山盛りで出てきてびっくり。3人前ぐらいはパッケージに入れてもらって持ち帰りました。

夜の9時ごろ2回目のオーロラビレッジに出発
現地は曇っていて、オーロラが見えないので、最初からレストランに入り、あったかいスープを注文しました。室内はとても暖かで、気持ちがなごみます。
1時間以上したところで、係員さんの「オーロラが出ましたよー」との言葉で、外に出、昨日のように撮影を始めました。
Dsc_30952

Dsc_30962

Dsc_30972

Dsc_31052

娘が、白人のお姉さんに教えてもらった丘にカメラを持ち上げます。360°遮るもののない見晴らし台からは、全天のオーロラが見えています。闇の中に20人ぐらいの人の気配があります。
まれに、懐中電灯振り回す人がいるので要注意。レンズから光が入ったら、そのカットは失敗作に。
※ 会場のカメラマンさんが会場の一部で、有料でオーロラを背景に記念写真を撮るサービスをしているらいしいんだけど、それの真似らしい。

この日のオーロラは、前日とは比べ物にならない大出現。肉眼でも分厚いカーテンがゆらゆら揺れているのが見えます。カメラで撮ると、緑や赤に色づいたオーロラが、どんどん姿を変えて揺れていきます。大感激。夢中になって写真をとりました。

1時ごろ現地を出て、ホテルに戻ります。

01/02(月)
市内観光
Dscn04422

午後3時、市内観光へ。いったい観光するとこあるんかな、野生動物とか見せてくれないかなと思ってたけど、動物は、州議会議事堂に大きなシロクマの敷物と、バッファーローの頭が掛けてありました。
凍結した巨大な湖にも連れて行ってくれました。道端にはウサギの足跡がいっぱい。真っ白なライチョウもいっぱい遊んでいました。(写真無し)
<凍結した湖の水上住宅>
Dscn06622

この日はホテルでディナー。メインディッシュは、バッファローのステーキ。きっと食べきれないに違いないという予想の元、二人で1皿だけ頼みました。
Dscn07702

メインディッシュが登場する前、スープの段階で、おなか一杯になりかけるという状況の中、ステーキはとてもおいしくいただきました。
Dscn07872

メインディッシュの次はもうデザート…パスタとかは意図的にパスしたにもかかわらず、ここでふたりとも沈没してしまいました。ものすごく甘い!しかも大きい!
Dscn07922
↓こっちは娘のデザート 大きい!
Dscn0805

とても相手しきれないデザート。二人とも、もうだめ!もう食べられないといいながら、ソファーに沈み込んでしまいました。

オーロラビレッジ
Dsc_31192

Dsc_31412

Dsc_31492

Dsc_31492_2

この日は前日の大出現ほどではなくて、ゆっくり撮影しました。ただ、カメラのシャッターレリーズを忘れてしまったので、三脚に据え付けたカメラのシャッターボタンを手で押すということになりました。
ホテルに帰ってレンタルの防寒着を返却。これがおもしろい。
最初のうちは、日本人が返却していました。名前の札を確認、手袋、靴などの状態確認、引き取り。という手順で進んでいくんですが、中国人、韓国人のメンバーが返却するようになって様子が変わります。彼らは受付なんてなしに防寒着をテーブルに投げて行きます。呼び止められたらけんか腰。大混乱になっていました。いろんな現場で感じたけど、この人たちはなんでもないことを大騒動にしてしまうんですね。コメディを見ているようだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カナダでオーロラ見物2016/12/31-

行くのも大変だけど帰るのはもっと大変だったオーロラ見物( ;∀;)
12/31(土)
タクシーで調布駅へ、12:25発成田空港行 のバスに乗ります。
空港到着は早すぎるけど、調布からのバス便が少ないのでしょうがない。
今回はエアーカナダを利用してカナダへ行きます。北極圏のイエローナイフでオーロラを見ます。
最初に乗る飛行機は成田19:00発バンクーバー行き。9時間弱の旅。
Dsc_30172

バンクーバー空港についたら、出国ロビーのスタバで娘と待ち合わせです。でも、僕がバンクーバーについた時点では、娘はまだ家を出てません。も~、カナダ人っぽくなっちゃって~(^◇^) 僕はここでなんと5時間も時間つぶしします。その間に出会えればいいんです。
ここで、成田からの荷物をピックアップして国内線のほうにドロップします。どこでドロップしたらいいのか全然わからなくて、インフォメーションに聞いてやっと完了。ほんとわかりにくい。
Dsc_30193

次は16時ごろ発のエドモントン行きにのります。離陸して1時間半で到着です。
最後、1時間待ってエドモントンからイエローナイフ行きのボンバルディア機に乗ります。2時間の旅。夜の10時ごろ到着します。空港には雪が積もっていました。
Dsc_30242

成田を飛び立ってイエローナイフ着までに都合20時間かかりました。((+_+))
疲れました。

MEMO
成田 19:00-(日付変更線)バンクーバー 10:40  8時間40分
バンクーバー15:55 ------------エドモントン 18:25 1時間30分
エドモントン 19::30------------イエローナイフ 21:40 2時間10分
計 約20時間

空港では荷物が届かないという人が数人、カウンターで交渉しています。ほかに、引き取り手のない荷物も数個、ぐるぐるターンテーブルを回っています。事故が多いみたい。ちゃんと荷物受け取れたことに感謝。この空港で荷物が届かないなんて珍しくないようだ。定員数十人しか乗れない飛行機でこれほど多くのロストバゲージが出るなんて。

イエローナイフの街は雪で真っ白。足元は東京から履いてきた、すり減ったスニーカーですが、すこしも滑りません。建物の出入り口あたりだけ室内の暖気が漏れていて、滑りやすくなっています。

夜12時すぎにお出かけ。さっそく初日のオーロラ観測です。ほんとはくたびれたから部屋で寝っ転がっていたいけど、そういう予定になってます。(´・ω・`)
カナダグースのごっついレンタル防寒着。これ着ていれば北極圏の寒さも平気。

オーロラ観察の施設「オーロラビレッジ」はイエローナイフの町からバスで30分。滞在中は毎日こちらに通います。この日は午前2時ごろまで施設に滞在してホテルに戻ります。
期間中はだいたい-30°ぐらいのとんでもない寒さ。直接外気を吸い込むとせき込みます。日本に帰るころには喉を傷めてゼーゼー言ってました。口元はかならず覆っておかなきゃいけなかったですね。ぬかった
僕たちが訪れている期間中、一度でもオーロラに出会えるだろうかと不安に震えていたんですが、初日にばっちり見ることができました。3日間雪だるま作って遊ぶという恐怖からは解放されました。
Dsc_30452

オーロラは、肉眼では雲・霧などとなかなか区別がつきません。はっきりわかるのは長時間露光をしたカメラのディスプレイを覗き込んだ時で、緑や赤の光が、画面上を流れているのを見るのは感激です。
一度成功すると、あとはのめりこんでしまいます。1時間2時間すると、手が寒さで痛くなってきて我に返ります。
娘に貸した、大きくない三脚は、樹脂の部分がぽっきりと割れてお釈迦になりました。たぶん極低温に耐えるようにはできてなかったんでしょうね。なにかに樹脂製はだめって書いてあったかもしれない。
Dsc_30522

宿に戻っても、ちっとも眠くないので、朝6時ごろまではネットにつないだり、いろいろしてすごしました。
Dscn07372
<Explorer Hotel>


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月27日 (火)

オルガンコンサート

急にパイプオルガンを聞きたくなり、12月の頭、ネットで切符を買いました。
クラシックコンサートは、たぶん10年ぶり。長いことご無沙汰してました。前回はサントリーホールかな。
会場の東京芸術会館てのは初めて。
池袋の駅からすぐだから(なんとなく場所はわかってるつもりだったから)地図も持たずに出かけました。しかし、普段まったくご縁のなかった池袋に、改札出たとたんに迷ってしまいました。昔の記憶とまったく景色が違います。とりあえず、勘に従って歩き出したものの、不安になってGoogleMapを立ち上げました。なんと90度方角を間違えてます。便利になったもんだ。スマホがなければ見当はずれのところに行ってるところでした。
ほんとは駅からは2分ぐらいで到着します。巨大で特徴ある建物なので、すぐわかります。

Img004

バッハ チェンバロ協奏曲5番2楽章 3分
バッハ トッカータとフーガ ニ短調 9分
ベートーベンの第九「合唱付」 75分

日本フィルハーモニー。東京での本年最終のコンサートだそう。
最初の2曲が、オルガンの独奏です。前回オルガンの演奏会に行ったのは、いつだったか… 多分何十年も前のこと。

こどものころ、父親の「同志社のチャペルのオルガンは、低音を鳴らすと、建物の釘が抜けてしまうんだ」って言ってたのを急に思い出し、そんなすさまじい音圧の中に身を置いてみたくなりました。
ま、今回のコンサートでは、そんなものすごい音に包まれるということはありませんでした。音質もマイルドで包み込むような音です。期待したよりも遅いスピードで演奏されました。
怒涛の音の中に身を置いてみたかったら、もっと小さな演奏会場でのコンサートを探せばいいのかな。

席は3階席正面奥で、オペラグラスがないと、楽器が見えません。(*^_^*) オルガン奏者だって豆粒のよう。
次からはオペラグラス忘れないようにしよう。
第九の75分は長い!演奏家は大変だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月24日 (土)

映画ローグ・ワン

スターウォーズのデススターが完成する前後の物語。
ジェダイは出てこないので、ちょっと雰囲気が違う。ライトセーバーが出て来ないだけで、違う映画のよう。
映画の中にあまり没入はしなかったけれど、そこそこ面白かった。
でも、いつまでも余韻を引きずるようなこともなかったなあ
Img0012

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月17日 (土)

skybus東京の「X'masイルミネーションコース」

ギリシャで乗ったような、オープンデッキの二階バスを使ったツアーがあったので、参加してみました。
skybus東京の「X'masイルミネーションコース」です。2016年11月18日~2016年12月25日の期間限定の運行です。
最近買ったばかりのアクションカムを持って行きました。加えて、中国製のジンバルも使いました。動画撮影の練習(^-^) Part2です。 ジンバルはジャイロを使ってカメラを安定させる機械で、ドローンの普及で、いきなり使われるようになってきたやつです。

出発時刻の30分前に、東京駅近くの三菱ビルの切符売り場に行き切符を購入。
ホッカイロの小さいやつとサイリウムのちいさいやつをもらいました。乗車する際にはブランケットも手渡されました。
Dscn03332

Dscn03372

定刻10分前にバスに乗り込みました。オープンエアーの座席はそんなに寒くないです。ギリシャで乗ったバスは、思いっきり寒かったので覚悟してきたんだけど、それほどでもなかったです。手袋とかフリースの帽子とか持ってきたけど使いませんでした。目の上の高さまではガラス窓があって、風が防げるようです。このバス、2階バスと言っても1階には座席がありません。寒いからって下の席ってわけに行きません。トイレもありません。

僕の乗ったのは2号車。1号車はたぶん満席だったんでしょう。2号車は20人ぐらい乗車。
出発前から、ガイドのお姉さんがせいいっぱいテンションをあげてきますけど、なかなか盛り上がりません。乗客は、少しのカップルと、たくさんのおばさんです。おじさんはわずかでした。
盛り上がっても「ウォー」っていう低音の響き。いまいちですね。きっと外人さんとか若者とかが多いと、違っていたんだろうな。ガイドさん、ご苦労様でした。
僕としては、ガイドさんの声が高くて、頭にキンキン響いてました。もう少し静かにしてもらっていたほうがよかったんだけど。案内の内容については、軽く表面をなぞっているだけで、ガイドさん自身はあまりいろいろのことはご存じないんだな~って印象。

出発したとたんに丸の内の街路樹のイルミネーションです。きれい。落ち着いた光に照らされています。
Skybus_3

三菱ビル出発後、東京駅正面を皇居方面に曲がり、桜田門の警視庁前を通ります。
そして、国会議事堂正面を右折。自民党本部前から赤坂見附の高架を通り、豊川稲荷横を通ります。
Skybus_4

青山一丁目ツインビル手前を左折して、乃木坂からミッドタウンの庭園に入り、Root246を六本木に向かいます。ミッドタウンの庭園がこのツアーの目玉。観覧に来ている人影も青いLEDのなかで幻想的に浮かび上がっています。
Skybus_2

六本木交差点は、渋滞の中でパトカーやら救急車が赤色灯を点滅させていて、異様な混雑。
六本木ヒルズから左折して欅坂へ。欅坂は赤いイルミネーション。
Skybus

飯倉の外務省公館前を通り、東京タワーから日比谷通り、三菱一号館のところを曲がって、終点三菱ビルへ。

乃木坂とか欅坂とか、それとなくお客の喜びそうなところを入れてくるのはさすがですねえ。

それにしても、アクションカムの画質ってこんなものかな。まだ使い方がわかってないのかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月 6日 (日)

映画・インフェルノ

ダビンチ・コードシリーズの最新作 「インフェルノ」

期待が大きかったけど、いまいちだなぁ

柱が新味のあるものじゃなくて、想像できる範囲のどんでん返しも……

過去から伝えられた遺物に埋め込まれた人類の秘密……っていう筋を踏んでいないとこが、落胆の原因?

やっぱり 予定調和でなけりゃ駄目よ アハハ(^◇^)
Img003


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月 3日 (月)

シーカヤックでホエールウォッチング(9/24-9/26)

9/24 7日目
港のカフェで朝食。おいしかった。

10時30分、フェリー埠頭前発の長距離バスに乗りコートニーへ。バンクーバー島の真ん中あたりの港町まで行きます。途中休憩1時間半込みで所要約3時間。そこから港におりて水上飛行機に乗ります。ワクワク
日本と違って、バス乗り場の表示なんてないから、地元の人に聞くしかない。バスはフェリー埠頭でUターンしてたぶんここに止まるって聞いたけど、実際は逆方向からバスは入ってきて、道の反対側に停まりました。しかも30分遅れ。しかも切符に書いてあるのと違う会社のバスが来た!グレイハウンドの切符を持っていたのに、乗るバスはTofino Bus。バスには行き先表示もないし。途中1時間休憩予定だったけど30分に切り上げるとか。横に娘がいるんでなけりゃ絶対無理。難易度高すぎ!
今回はバスも飛行機も宿も手配したのは全部娘。自分ひとりじゃこんな旅はできません。

車内はなんだか澱んだ雰囲気が…… 娘にそれを言ったら、「アメリカなんてこんなもんじゃない」だって。

コートニーのバス停を下車後、隣町コモックスの水上機乗り場へタクシーで行きます。TAXIの運転手さんは、数年間沖縄などでダイビングのインストラクターをやっていたという人で、少し日本語ができます。
飛行機搭乗まで、2時間ぐらい余裕があるので町に行ってお茶しました。
Dsc_26472

この町の自動車は、人が道を渡ろうとするとすぐに止まって道を譲ってくれます。交通マナーが驚くほど優しいところです。

ここからバンクーバー港までは水上飛行機で1時間ぐらい。ハーバーエアー・シープレーン(Harbour Air SeaPlanes)という会社の飛行機に乗ります。
Dsc_26532

パイロット、コ・パイロットを入れて全部で8席 乗客は3人でした。
離水してすぐ、眼下の海面に巨大な雨の斑紋のような模様がたくさん見えます。大規模なイルカの群れだというのですが、イルカの姿が海面に見つけられない。双眼鏡を持っていれば見ることができたんだろうか?残念!
Dsc_26582

Dsc_26902
バンクーバーの町まんなかの港に着水します。港にはギャラリーがいっぱいいました。
Dsc_27602

Dsc_27672

この日はバンクーバー泊 Coast Plaza Hotel and Suites 三ツ星です。
ホテルは上層の30階。景色は抜群。部屋も広い。ただし、かなり古そう。格式も高いかも。チェックインの際の中年のホテルマンが、丁寧でとても感じよかった。
Dsc_27722

ハーバービューじゃないせいか、結構安かった。
Dsc_27752

部屋にはAPAグループの日本語広報誌がおかれていてびっくり。なんと、APAグループに属するホテルであるらしい。日本では泊まったこと無いAPAホテルに、カナダで泊まってしまった。
部屋にスタバのコーヒー豆とコーヒーメーカーが備えてあって、自分で淹れることができる。これはいい。
Dsc_28012

バンクーバーって、小さな町だからだろうか。
のべつ、娘の先生やら職場の同僚やらに出会う。
地下鉄は、あっちで電車が止まっていたり、ホームが閉鎖されていたりと、なかなか状況を把握できない。日本人的には困るけれど、現地の人はほとんど困ってないよう。
世界的にも、韓国製の鉄道は廃止・取り壊しが続いているけれど、ここはそこそこ韓国品質を守っているのか。

バンクーバー港の大きなパブ?で、アルコール抜きのカクテルとともに食事。カナダでの食事はだいたいおいしい。これも、アメリカとは違うところだろうか?
アルコール抜きのカクテルもおいしかった。フィッシュアンドチップスですらおいしい。(^-^)

現地のApple Storeに行ったら、いつもは9時まで営業している店が7時にすでに閉店していた。この日、iPhoneの修理をたのもうと思ったのに残念。ちなみに、現地ではこんなことはざらにあることだそう。東京で修理しよう。

9/25 8日目(バンクーバー → 太平洋)
朝、ハンバーガ屋さんで朝食をとり、娘に空港行きの電車に乗せてもらい、ひとりで空港へ。
Dsc_28002
なんと「FATBURGER」だって。

夕方4時30分発だけど1時ぐらいには到着。 往路と同じANAの羽田行です。機材も同じB787
まずはチェックインして腹ごしらえして、自分用土産にトーテムポールのキーホルダーを買い、スタバでお茶します。
時間つぶすうちに娘が見送りに来てくれたので、出国ゲートへ。
荷物のX線検査を終わったらいきなり出国ロビーに出てしまった。ほかの国より検査がひとつ少ない。
あとはミネラルウォーターを買って、ボーディングブリッジへ。
すでに優先搭乗が始まっており、すぐに「残り全員」の搭乗が始まった。

9/26 9日目(太平洋上 → 羽田)

機内映画をたくさん見たので、睡眠不足。
日付変更線を越えたせいで到着は翌日の夜7時。建物出たらなんと気温が30℃近い。こんな暑いとこいやだ。
Dsc_28042

国際線ターミナルの吉野家でうな重。お客さんは外国人ばっかり。モスカフェでカフェラテたのんで、一休み。
リムジンバスで家に帰った。うちでは猫が泣き叫んで、暴力的に甘え、迎えてくれた。ごめんね一人にして。
以降、時差ぼけでぼけぼけ

持って行くのを忘れたカナダのガイドブック、うちに帰って復習がてら見ていたが、書いてあることが古いのかどうか、ウソばっかり。乗り物関係が貧弱と言うか、古いと言うか……ほんの少ししか書いてないからちっとも参考にならない。持って行かなくてもよかったかも。苦情のお葉書を出したほうがいいぐらい。
※ 「地球の歩き方」のほうは、間違ったことは書いてなかったです。だけど、ジョンストン海峡のハンセン島だとかポート・マクニールとかにはやっぱり1行も触れてなかった。(^◇^)

バンクーバーではアジア系の人がほんとに多いけれど、日本人の振りしてる中国人や、中国人の振りする日本人など、かなり混沌としている。なんでこんなことに……
白人のおじいさんに話しかけられて、ウソを答えてバカ笑いしてる日本人の女子を見た。悪趣味だ きっと彼らもツーリストだよな

日本料理店がいっぱいあったけど、どこもほかのアジア人がやっていた。
ラーメン屋さんなんかは、すごい行列で、現地の日本料理はなにも食べなかった。
とくに「山頭火」の行列はすごかった。昼でも夜でも行列している。
Dsc_27932

バスは、とくにトロリーバスは連接車もあって、とてもサイズが大きい。乗り心地もいいし、日本も、都心ではこんな大型のバス導入すればいいのに。路面電車のほうがもっといいとは思うけど。スカイトレインみたいのでもいい。結局なんでもいいから??

帰ってきてから聞いたことだけど、少々の雨や、しぶきがかかっても、一部のカメラは壊れないとのこと。たとえばPENTAXの一眼レフとか、NIKONの上級機、OLYMPUSの上級機など。だったらカヤックに持ち込むときは、最近隠居してるPENTAXの一眼レフを復活させようかな。CANONは防滴という表示があってもやめたほうがいいといううわさ。

今後同じカヤックツアーに参加するなら、長袖のフリースジャケットを2着以上必要だということがわかった。暑すぎる心配は全くなくて、水を通さない素材が必要だということが分かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月 2日 (日)

シーカヤックでホエールウォッチング(9/19-9/23)

9/19 2日目(バンクーバー → ポート・マクニール)
スタバで朝食をとり、客船ターミナルあたりを散歩。昼食はフェリー(シーバス)に乗って対岸のレストランに行き、海岸のテラスでフィッシュアンドチップスを食べました。(昨日といっしょやん)
Dsc_23812

その後、電車でふたたびバンクーバー空港へ行きます。
空港のエントランスから無料バスに乗ってずいぶん長い距離を移動。小型機エリアへ。パシフィック・コースタル・エアー(PacificCoastal Airlines)という会社の飛行機でポートハーディ空港へ飛びます。
Dsc_23852

Dsc_23912

バンクーバー島の北端です。
座席は左右1列づつで、20人乗りビーチクラフト機。ドアを閉めたり、シートベルトの確認をしていたお姉さんは副操縦士だった。CAさんは乗ってません。
到着した空港から電話でTAXIを呼び、30分ほど高速道路を南下、ポートマクニール港へ到着。夜の10時ごろです。町はすでに深夜。
ということでおとなしくポートマクニールのモーテル(Haida Way Motor Inn)泊 絵にかいたような田舎の港町です。

9/20 3日目(ポート・マクニール → ハンセン島・カヤック1日目)
今日から4日間、カヤックによるホェールウォッチングに出発です。(Kingfisher Wilderness Adventures Kayak Tours)ペースキャンプは、バンクーバーの北数100キロ。ジョンストン海峡のハンセン島です。事前にA4で17ページに及ぶ説明書がメール添付で送られてきているので(ー_ー)!!大体理解できている??はずですが、実際は脳内誤訳がいっぱい。

朝、ツアーガイドのお姉さんが宿に来て、ブリーフィングの後、ミニバンに乗せられて港へ行きます。重苦しい北の海の景色です。埠頭には雪が残っています。

参加者は出発前から知らされていますが、オーストラリア人の夫婦と子供二人。13歳のハンサム息子と10歳の娘。娘さんはおしゃべりでかわいかった。いい家庭だな。
カヤックツアーのベースキャンプになるハンセン島へ海上タクシーで渡ります。
Dsc_26382

全速で30分ぐらい。後でわかるけど、船がいなければいっぱい見れる鯨も、高速ボートの上からは一回も見ることはできません。
ジョンストン海峡に面したハンセン島といえば、シャチ研究のメッカとして、憧れの島でしたが、最近は知る人も少なくなり、訪れる人は多くないとのこと。
Dsc_24062

午前中は、テントに荷物を広げ、軽いレクチャーと昼食。
食事は毎回、ベジタリアン向けメニューと、別に少しの肉料理も用意はされている…という感じ。ソーセージとか鶏肉とかですね。
島にはポケモン1匹もいません(^◇^)
Dsc_26212

Dsc_26242
午後、いよいよカヤックで海へ。海は油を流したように静か。

2人艇の前に娘、後ろが僕。後席は足でラダー操作という特別任務がある。上半身で力をこめてパドルを漕ぐと、それに引きづられてラダーが左右にふれる。けっきょくパドルでバシャバシャ海面をたたき、ラダーが左右にぶんぶん振れて、ま~大変です。力はいっぱい使ってるけど、なかなか進みません。
パドルの持ち方とか、ラダーの扱い方とかいろいろ指導を受けましたが、結局、流れの強いところでは、ガイドのお姉さんがロープでカヤックをつないで力強くけん引してくれました。
この日はかなり疲れました。これから4日間続けるんだけど、からだ持つかな。

途中、イシイルカかな?イルカに遭遇。
ザトウクジラ(Humpback Whale)には何回も遭遇した。遠くから噴気が見えて、そのあと海峡全体に響く「ゴオオオオ」という音が聞こえてくる。
<先にイルカの群れの上げるしぶきが見えます>
Dsc000082
<インストラクターの艇 向こうにはトドの群れる島>
Dsc000102

クジラの姿が見えたら、遠くから高速ボートのエンジン音が聞こえてきます。大きなボートもホェールウォッチングに参戦。やっぱり船の上から見るより、水面から見るほうが迫力ある。

今回はSONYのアクションカムを持って来た。付属のプロテクターに入れれば水深60m防水っていうので、ダイビングにだって使える。でも、1日で使い切ってしまう程度の電池容量なので、途中で電源が落ちてしまう心配はありそう。
そして、本体にディスプレイは無く、腕時計型のリモコンにディスプレイがついている。こちらは3m防水。カヤックなら問題ないか。
このカメラ、今回初めてフィールドに持ち出したので、使い勝手がいまいちわからず、苦労した。
まず、画像の半分は、レンズの前に水滴がついていて使い物にならなかった。わかってからは、撮影寸前にレンズをぬぐえばいいんで、大した問題じゃない。リモコンはさっさと電源があがってしまうので、そのうち本体単体で操作することになった。リモコンなしになると、撮影中の画像がチェックできないので遠くの対象が、正しく撮影できているかわからない。これが不満点かな。
電源は、しっかりと用意しておかないと使えないということですね。

午後の空いた時間、島の岬に座り込んで、ジョンストン海峡をぼんやり見つめる。
ずーっと、海峡では鯨の噴気が見え続けている。ザトウクジラの背中なら何回でも見ることができる。
岬の斜め向かいが有名なテレグラフ・コープ
Dsc_24482

Dsc_25562

Dsc_25572

Dsc_25592

小さな船も時々通る。

夜は、ものずごい夜露で、外に出したあらゆるものがびっしょり濡れていた。昼間濡れたものは全く乾かない。

9/21 4日目(ハンセン島・カヤック2日目)
昨日は、私たち親子でカヤック一艇だったのを、今日は、私、娘、それぞれにガイドさん各1名が同乗して、カヤック2艇に分かれることになりました。昨日の様子見て、不安になったんだろうな。ガイドさん、2人とも若い女性なんだけどパドルを漕ぐ力は、とてもたくましい。

時々、海峡を見下ろすところにハクトウワシがとまっている。威厳があってかっこいい。でも、まともな写真はありません。ピンボケ写真ならいっぱいあります。
Dsc000362

<トドの島>遠方からかなりの騒音が聞こえてくる。兄ちゃんたちがマフラー外した原付10台ぐらい乗り回してる感じ。全部トドの鳴き声。しばらく進んで、島の風下に来た時には、ガイドのお姉さんはウェッって言いながら皆をせかし、懸命にパドルを漕いだ。
Dsc_25722

途中立ち寄った島で、ちいさなねずみ発見。人のいるところをちょろちょろ走り回ってかわいい。カヤネズミと似てるけど、サイズはその4/1ぐらい(と娘が言ってます)

夕方、岬で海峡を見ていたら、突然クジラが空中に飛び出し、水面に体を打ち付けた。スパイホッピング。よこで昼寝をしていた娘をたたき起こしていたら、写真を撮りそこなった。たたき起こされた娘はちゃんと写真を撮っていたのに。 ↓娘の写真です。
Dsc_249523

9/22 5日目(ハンセン島・カヤック3日目)
がんばってカヤック漕いでるけど、特に筋肉痛にならないのはなぜだろう。これは、体にいいかもしれない。肩こりが治った。いつまで続くかわからないけど。多少痛かった腰もいまは治ってる。
パドリングも、だいぶ上手にもなった。

ヤマセミがいっぱい。ギャーギャー鳴いてうるさい。頭上をばたばた飛び回っている。
うるさいほどのヤマセミに会うなんて

夕方、巨大な豪華客船が島の横を通過していった。が、テレグラフ・コープまで来たところで、Uターンしてバンクーバー方向に戻っていった。何でだろう。そして、この船が通過してからは、鯨の噴気は見れなくなった。
Dsc_25852

ハンセン島に戻って夕方、食事の際、オーストラリア人のお父さんが、島でミンクを発見。僕は見なかった。(ミンク鯨じゃないよ)
大きな太ったリスなら何回も目撃した。写真は無いけど。
近くの島にはグリズリーが現れたというニュースが流れていたが、ヘリコプターで本来の生息地アメリカに運ばれたと聞いた。(アラスカのことかな?)

9/23 6日目(ハンセン島・カヤック4日目ポート・マクニール)
この日は、前の夜から雨。出かけるときも雨。

2度、イルカの大群に遭遇。2回ともカヤックの正面を右から左、左から右に水面を飛び跳ね、水しぶきをあげながら通過。カマイルカだな。自転車レースを見物しているような感じ

イルカとアシカの群れが紛らわしい。イルカだと思ってたらガオガオ騒ぎながら泳いでいたりする。
アシカはあの大きなくりくりした目をこっちに向けて、泳いでいる姿がとてもかわいい、
トドは、大きな音で息をしながら通過していく。まるで鯨の噴気の音と似ているのだけど、頻繁な呼吸のせいでトドであることがわかる。

この日は遠くにミンク鯨もみることができた。

最後のカヤックを終えて、浜に上がるとき、水際にどぼ~んと落ちてしまった。悪いことに、ズボンのポケットに、防水してないiPhoneが入っていて、みごと水没!
iPhoneは、これ以降充電できなくなって、翌日には電池を使い果たし沈黙。娘は10日ほど前にやっぱりiPhoneを水没させて、新しいものに交換したばっかり。娘の後追いをしてしまった。

一度濡れたものは、全然乾いていないのでドライバックに詰め込んで持って帰る。途中で着替えがなくなるんじゃないかな?
海上タクシーでポートマクニール港へもどり、それぞれ宿に入って解散。

鯨は、「あーまたザトウクジラね」っていう程度に、いっぱい見れたし、イルカも、数で言えばたくさん見れた。アシカもトドも、ハクトウワシもいっぱい見れた。ヤマセミも嫌っていうほどいた。シカだって見れた。だけど、シャチが見れなかった。これが残念。前週のツアーでもシャチは見れなかったそう。
最近シャチの出現が減っていて、9月に見るのは厳しいかも……と言うことだ。海峡に現れるシャチは、このあたりにいる3種類のサケのうちシュヌークサーモンだけを食料としていて、それだけが最近激減しているのだと言う。9月になると、海峡にはもうこれらのサケがいないんだそうな。
これは、人が食用にする種類とは別の大型のサケだそうで、乱獲とかっていう問題じゃないそうです。
サケの養殖場で蔓延している寄生虫が彼らに付き、多くのサケが大人になる前に死んでいくというのです。さらに、養殖場の水質悪化の対策として抗生物質が大量にぶち込まれることも問題視されています。
日本にも入ってくる、人間のためのサケを養殖する過程で、周辺にいた野生のサケが死んでいるらいしいのです。
次は7~8月にチャレンジしてみたい。

港のレストラン?(スポーツバーかな)で夕食をとった。ハンバーガーほか。おいしかった。
Dsc_26442

ポートマクニールのモーテル泊。韓国人経営の宿。Dalewood inn
スチーム暖房で、部屋では暖房のOnOffができないらしい。「暑かったら窓をあけてね」だって。

途中でiPhoneが使えなくなったのは痛かった。Wikipediaで調べ物することができなくなったし、地図を見ることもできなくなった。一番痛いのが、町に戻ってバスに乗っても、乗るべき路線を調べたり、降りるバス停を調べるなんてことができなくなったこと。ガイドブックも持ってきてなかったから、これは最悪だった。カヤック漕ぐんだから、防水ケースに入れるなんて当然だよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シーカヤックでホエールウォッチング(9/18)

9/18 初日(羽田 → バンクーバー)
日曜夕方 職場に出て、終わっていない仕事をやっつけて羽田空港へ。 京急羽田空港国際線ターミナル着8時半。羽田空港9時50分発のANAバンクーバー行B787-9に乗ります。時間は全然余裕がありません。

あわてて出国チェックを済ましてから、カナダドルはおろか日本円もほとんど持ってないことに気がついてしまいました。
ボーディングエリアにある都銀のCDも、時間が遅くて動いておらず、大慌てしてる時に、インフォメーションのお姉さんが、JCBのクレジットカードで外貨が出せることを、教えてくれました。この際、レートが高いか低いかなんて、関係ありません。円もドルも持たずにカナダに行ったら、空港についてもコーヒーも飲めない。(クレジットカード使えばOKか?(*^_^*) ん~ 大丈夫かもしれない……
両替屋さんの行列に並んで窓口にたどり着いた時には、自分の名前が放送で呼び出しされていた。(・_・;)

離陸後、食事をして寝て起きたらもうバンクーバー。所要時間は9時間。長いけど、一寝入りしたらついてしまった。(^-^)
機内の、私の数メートル以内に赤ちゃんが3人もいて、びくびくものだったんだけど、彼らは泣き声をあげることもなかった。よく見ると、CAの皆さんが赤ちゃんたちを徹底フォローしており、それが功を奏しているようでした。スタッフの努力で、静かな機内が保たれるんですね。

今回の飛行機は、最近乗ったトルコ航空やカタール航空と違って、座席の前後左右がとても広く、疲れがまったく違います。そんなこんなで楽々バンクーバー到着。
迎えに来てくれた娘と待ち合わせ。ロビーにあったWendy’sでハンバーガーを食べてバンクーバーの町へ。

空港からはスカイトレインという電車に乗って町の中心へ行きます。車両は韓国製。10m程の小さな車両2両連結の列車です。制御システムはカナダ独自のものだとか。運転手も車掌もいない自動運転電車です。
券売機には日本語表示もあり、助かります。私はプリペイドカードを買いました。電車、バス、フェリーすべてにこのカードが使えます。Suicaとおんなじで、旅行中バンクーバー近辺の移動はこれ1枚でOK!

この日はバンクーバー泊 Howard Johnson Hotel
繁華街に面した、歴史のありそうな古い小さなホテル。部屋の窓からは、向かいのマリファナショップが見えています。(^-^)

歩道は広くてゆったり。町にはでっかいお兄さんお姉さんと、たくさんのアジア系の男女が歩いています。黒人はほんとに少し。アウトドア生活のおじさんや、まれにはお姉さんが、結構な人数が歩道で寝ています。東京と違って20℃を切る寒さです。
Dsc_23432

この国にはやはり公衆トイレというものがありません。駅にだってありません。大型店舗や飲食店でトイレを借りるわけですけど、どちらもすごくきれい。娘は、アメリカとは比べ物にならないくらいきれいだと言っています。
Dsc_23252

夕方、グランビルアイランドの港に行って、散歩してから海岸のテラスでフィッシュアンドチップスを食べました。おいしかった。

若いカモメが、何か頂戴ってこっち見てるけど、おどおどしてて、腰が引けてる。まだ修行が足りないな。
Dsc_23172

Dsc_23282

港のモールでウィンドウショッピングをして、カヤック旅行のために用意しなければいけないグッズをあさったりしました。
かわいらしい渡し船にも乗ってみました。若い船頭さんがべらべらしゃべってるけど、まるで聞き取れない。(きっと観光案内だろうな)娘が「ここで降りる」って言うところであわてて降りました。
この渡し舟は、英語に不自由な人は絶対に乗るべきじゃない。(*^_^*)
Dsc_23422

<ウォーターフロント駅>
Dsc_23532

Dsc_23722

セブンイレブンで飲み物を買ってホテルへ帰りました。

この日は途中で日付変更線をまたいだせいで、異常に長い一日になってます。眠くて眠くて……

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«映画:シン・ゴジラ